お薬に対する最低限の知識は身につけておきましょう

もしもの時の対処方法

もしもの事態に備えて、お薬の知識をつけておこう

人間は、その一生を通して、さまざまな病気や症状に悩まされることがあります。
そして、それらの問題に対する治療法、対処方法なども様々です。
普段から病気をせずに健康的な毎日を送っていると、いざ病気などになってしまった時に予想外の驚きを感じてしまいますが、
このページではそういった時に落ち着いた対応ができるように、皆さんからお薬などの体験談を集め、紹介しています。

お薬をきちんと飲むために

病気になってしまったり、体調がよくないというときには、病院からお薬を処方してもらったり、市販の薬を買って飲んだりすることが多いとおもいます。
そういったときに、ただ、薬の効き目だけに頼ってしまってはいけません。
その薬の効果をきちんと発揮させるためには、きちんとした飲み方で飲むことがとても大切なのです。

なぜ食前、食後の指定があるか

薬をのむときに大事なのが、薬を飲むタイミングです。
よく、薬が処方された袋には、食前、食間、または食後、というふうにかかれています。
これを守ることが、とても大切なのです。というのは、薬によっては、胃を刺激してしまう物もあります。
そういった薬の場合には、食後というかたちで処方されます。
それは、食べ物がない空腹の状態でその薬を飲んでしまうと、胃への負担が大きくなってしまうからです。
逆に、食前、という指示のある物もあります。
こういった薬は、逆に、食べ物などの成分と一緒になると、効果を発揮し辛くなってしまう薬だといえます。
ただ、一般的に、薬を食後にのむことが習慣になってしまっているような人も多く、そういった人は、なんとなく、惰性で食後に飲んでしまったりしているようです。
もう一つは服用する時間が食事とは関係がないプロペシアを代表とする、内臓に負担を掛けないお薬があります。
いづれも医師や薬剤師の方にしっかりと説明を聞いて服用することが大切です。
市販の薬はパッケージの内容を守りましょう
また、食前の薬、食後の薬を、同時に処方されることもあります。
たとえば風邪の場合、漢方薬と言った薬は、食前として処方されることが多いです。
それに対して、抗生剤と言った薬は、食後に飲むような処方だったりします。
こういったものを、面倒だからといって、一緒に食前、または食後に飲んでしまっていたりしないでしょうか。
こうしてしまうと、薬の効果が十分に発揮されないことになってしまいます。
薬の効き目というのは、薬自体のもつ成分も大事ですが、それをどう飲むかということにも関わっているのです。
こういったことは、市販の薬にも言えることです。
適当に飲んでしまう人も多い市販の薬ですが、パッケージにかいてある、その薬を飲むべきタイミングをきちんと読んで、的確に指示にしたがうようにしましょう。
ピックアップ
  • EDの強い味方と言えばシアリスです。元気を取り戻せます。
  • 気になる部分のムダ毛をキレイにする、美容脱毛に関する記事を紹介しています。
  • ランキング形式でお店毎に詳しく脱毛口コミのレビューが掲載されているので、非常に役に立ちます。
  • アルコールを飲んでも効果が落ちにくいレビトラは、バイアグラを改良した最新のED治療薬です。
  • 低価格で引越しを行うためには、しっかりと数十社の業者から比較検討を行い、なおかつ口コミを活用するのがベストな方法です。スムーズに、かつしっかりと引越し業者をセレクトしていく視点が大事なのです。
ホーム サイトマップ