原因不明の難病と対処法

難病「膠原病」とプレド二ン錠

原因不明の難病と、それに対する医薬品

【投稿者】スギ姉さん(愛知県 女性 37歳)

私は、今から15年前に膠原病(全身性エリテマトーデス)と言う難病になりました。
「膠原病」とは、人間の身体は様々な細胞が組み身合わさって出来ている。
その細胞同士を結びつけ臓器を保つ働きをしているのが結合組織であり皮膚関節・筋肉血管など全身のいたる所にあるそうです。
その結合組織に病変が生じたものを総称して「膠原病」と呼んでいます。
本来なら異物から身体を守るはずの免疫システムがあ正常に働かず自分を攻撃するく抗体を作る事が原因とも考えられている為に、自己免疫疾患とも呼ばれているそうです。

病変が生じた場所」での分類

・内臓ー全身性エリテマトーデス
・関節ー慢性関節リウマチ
・皮膚・筋肉ー強皮性・多発性筋炎・皮膚筋炎
・血管ー結節性多発動脈炎・血管炎症候群

膠原病の原因とは

「膠原病」の原因は残念なことに原因不明であるようです。
完治する事が良くなったり悪くなったりの繰り返し慢性的な経過を辿(たど)ります。
今からお話しする事は、現在私が「膠原病」で病院外の薬局で処方された薬の名前と効能と注意事項をお教え致します。
・プレド二ン錠(1錠)5mgー炎症を鎮(しず)める作用があります。
病状によっては錠剤が増える場合があります。(注意・医師の指導により)
・この薬の注意事項は服用中、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、口渇、多尿等の症状が現れた時はすぐに医師にお知らせ下さい。
この薬の服用期間中に予防接種を受ける際には、必ず医師にお知らせ下さい。
服用の注意点
他の医師に診てもらう時にはこの薬を服用している事、また服用していた事を必ずお知らせ下さい。
自分の判断で中止したりせず、必ず医師の指示どうり服用して下さい。
妊婦及び妊娠の可能性のある方は飲み始める前に医師にお知らせ下さい。
授乳の方は飲み始める前に医師にお知らせ下さい。
その他色々な薬を飲んでいますので月に1度は、病院へ診察に行き血液検査をしてもらっていますが現在の自分の健康状態は安定しています。
ホーム サイトマップ